2021年01月05日

 明けましておめでとうございます。今年は良い年に!


 この年末年始は何も無い非常にのんびりとした休みを過ごすことができました。一般的なクリニックの休みよりもやや長目の休みをとりましたが、その理由としては昨年末の「発熱外来」に伴うオーバーワークがじわじわ疲労蓄積している事を自覚していましたから、少しでも身体を休める事。それとついつい疎かになってしまう自分の身体のケア(と言っても懸案の歯に関して)をする事でした。昨年に相次いで両親を亡くしましたが、父は誤嚥性肺炎となり、母親は間質性肺炎+摂食障害?が死亡の主因と思っています。何と言っても口から食べれて栄養を摂れることが生命維持の基礎と思いますので、摂食・嚥下を取り扱う耳鼻咽喉科医としては今後の人生をこれらの問題解決に力を注いで行くのもありかと考えています。

鹿の湯1.jpg 鹿の湯2.jpg

 と言うわけで今年の年末年始には「Go to Travel」中止のおかげで割り安で、直前に定山渓のホテル「Sの湯」を予約できたので家内と二人ゆっくりと寛ぐことができました。3人の子供達は誰も帰省せずに、1週間余りの時間ほとんど出かけずに家で過ごしました。しかしながら連日の新型コロナ感染拡大のニュースにはほとほと嫌気がさすのですが、来月にでもワクチン接種が始まる可能性があり、一筋の希望と言えるでしょうか。ここ北海道では新規感染者数の発表が減ってはいるものの、再生産数はやや増加傾向とのことで冬期間にはなおだらだらと数十人規模の感染が続くのでしょうかね。明日仕事始めから気を引き締めて行きます。



posted by 和モダン焼き at 21:26| 日記

2020年12月24日

 イヴの夜に今年を振り返る


 今年も残り僅かになり、今日の休診日には亡くなった母のサ高住から姉弟で分けた遺品を持ち帰り(私が在学中に描いた水彩画がありました)その後は区役所で保険証等の返還をして来ました。日中7℃ほどの気温でしたが明日からまた寒くなりそうな気配。特に年末年始は日本中が厳しい寒さになる予報が出ていますね。

  母の絵.jpg

 このところ北海道や大阪は新型コロナの新規感染者が減少傾向の様ですが、首都圏は今日も過去最多となり医療体制のひっ迫が危惧されています。しかし充分予想されていたはずなのですが、現政府の無策?無能ぶりまた迷走ぶりにはあきれるばかり。しかし自粛要請したとて一時的な効果しかないことは明らかで、やはりワクチン待ちでしょうか。日経メディカルによると医療従事者でのワクチン接種希望は3割程度とのこと。その理由は安全性への疑問が大多数の様です。
 忘年会があれば毎年恒例発表の今年の一文字は「失」でしょうかね。8月に父、丁度4か月後の12月に母を亡くし、またスタッフの採用問題、両親の入退院、葬儀、納骨、更には新型コロナ問題、対策、発熱外来対応等々、今年も本当に自分自身の時間を「失」いました。また一年を振り返って、今年は何も無いできなかった(ことは無いのですが)コロナに振り回された1年で、まさに「失われた1年」と言う心境であります。もう元には戻らないのかもしれませんが、より安寧な日々になる様来年に期待したく思います。


posted by 和モダン焼き at 21:16| 日記

2020年12月10日

 母との思い出


 本日久し振りの平日休みで午前中は朝食後に近隣の散歩。冬間近ですね。その後は母が入居中の施設へ届け物をして、西区へと買い物に向かいました。全く土地勘の無い西区方面ですのでやや道に迷いながらも無事発寒のEショッピングセンターへ到着。ちょうど昼過ぎの昼食時でしたので家内とフードコートへ向かい、色々と物色した後「リンガーハット」で決まり!ここは数年前に北海道へ進出したチェーン店なのですがご存じでしょうか?学生時代を北九州で過ごした私にとっては、九州豚骨ラーメンと並んで非常に懐かしいソウルフードでもあります。その他には何と言っても「餃子の王将」「つぼ八」「ロイヤルホスト」などが学生時代の思い出でして、当時の友人との会話などとともに情景を思い出します!最初の頃は馴染みがなく余り美味しいと思わないものでも徐々に嗜好が変わるもので食べる程に好きになりしまいに病みつきになるんですよねえ。

  凍結した月寒公園池.jpg

 今は高齢者向けのサ高住で暮らす90過ぎの母親が私の大学生時代に初めて九州に来た際に一緒に長崎旅行をした思い出があります。その時人生初長崎で初めて食した港付近の円形の建物の中華料理?店で一緒にちゃんぽんを食べた時のなんとも言えぬ衝撃(正直まず〜!)を思い出します。まさに「名物に旨いもの無し」は本当だと肝に銘じたものです。

 新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、経験上は年末年始でやや落ち着くとは思うのですが本格的な冬はまだまだこれからですので、どこまで感染者と言うかPCR陽性者が増加することやら。そして「医療崩壊」がどこまで進むのでしょうか。新コロ患者さんを受け入れているまたは心ならずも院内クラスターが生じた病院勤務の医療従事者の皆様には心からエールを送り、同じ医療従事者として非常に心傷む日々であります。そして当クリニックでも一層気を引き締めて明日から頑張ります!



posted by 和モダン焼き at 21:46| 日記